Ludlow Castle - ルドロウ・キャッスル -でおこる素敵な出来事
胸騒ぎは広がって…


チリリン…
澄んだベルの音が響いた。

はい。お呼びでしょうか?

「サディを。サディアスを呼んでくれないか」


心なしか、少し沈んだ表情の旦那様。
机に広げられている手紙は…
ひょっとしてレオ様から…?


かしこまりました。
すぐにお連れします。


「それから…レオナルドの部屋の整理を…
 荷物は彼の母の元へ送ってやってくれ」

確かに、慌てて出立したレオ様は
身の回りの物をほとんど持っていきませんでしたしね。
きっと不便な思いをしていることでしょう。


はい。そちらもすぐに…
失礼いたします。


退室しようとした私の背後で
旦那様が溜息をつくのが聞こえました。

デボラ様の病状が、あまり良くないのでしょうか?
サディ様にお話というのは、ひょっとして…

その時の胸騒ぎが、的中したことを知ったのは
それからしばらくしてのことでした。



屋敷中の使用人達が呼ばれ、
マーカスさんから報告がされました。

レオ様が、ミシェル様との婚約を破棄されたこと――

それは、ひょっとして…
お屋敷に戻ることがないかもしれないということですか?

レオ様をお慕いする者はたくさんいて
次期当主としてお仕え出来るのを喜んでいた者達にとって
その報せはとてもショックだったようです。
パピヨンも、きっと今頃騒然としていることでしょう。

そして、旦那様はサディ様を次期当主に決められたこと――

ルドロウ・キャッスルに
また大きな転機が訪れようとしているのでしょうか…?

メイド・マオ | comments(0)
かくれんぼ


一日に何度も脱走を試みるルゥお嬢様。
「パピヨンに戻って、リリィの招待状をとり戻しに行くのよ!」
使用人達全員でルゥお嬢様の脱走を阻止しなければなりません。

あの手この手でお部屋を抜け出すその手腕…
一体どうやってそんなに次々と思いつくのでしょうか。

これはひょっとして…
パピヨンの悪戯王子様、ミック坊ちゃま直伝…!?
どうしましょう…

そろそろお嬢様の自覚をお持ちになって欲しいというのが
私達の願いです。


先程お部屋にお茶をお持ちしたら、案の定、もぬけの殻。
ああ…ルゥお嬢様、今度は何処に行かれたのですか?
またお屋敷の中を探し回らなければ…
これではまるでかくれんぼみたいね。

メイド・マオ | comments(0)
休む暇もなく…


昨日、ラ・レーヴ・デ・パピヨンでの長い滞在から戻られた
レオ様とルゥお嬢様。
お帰りなさいませ!

いつ戻られても良いようにと、整えて置いたお部屋で
今夜はゆっくりとお休みになってくださいね。


旅の疲れを癒していただこうと、
お茶を淹れていると…
旦那様がレオ様をお呼びになりました。

お話は、すぐに終ったようでしたが――

荷を解こうと思っていたトランクケースを
再び手にして、
レオ様はお屋敷を飛び出していきました。

たった今、お戻りになられたばかりなのに…
あんなに慌てた様子のレオ様は、初めて見ました。

どうか、お気をつけて――
旅の無事をお祈りしております。

メイド・マオ | comments(0)
お手並み拝見


長い間不在だったルドロウ・キャッスルの執事――
ラ・レーヴ・デ・パピヨンの執事、アルマンさんのご紹介で
アルマンさんの甥、マーカスさんがいらっしゃいました。

旦那様のお話では、お若い頃のアルマンさんにそっくりだとか。
まぁ。それはそれは……
今度アルマンさんがいらした際には、昔話をおねだりしてみましょう。
楽しい話が聞けそうですわ。


マーカスさんは早速旦那様に呼ばれていきました。
随分急いでいたようですが…
緊急の御用事でしょうか?

メイド・マオ | comments(0)
We wish you a Happy New Year !


メイド達総動員でぴかぴかに磨いたお屋敷。
主が不在のお部屋にも、新しいお花を生けておきましょう。
いつ戻られてもいいように…



とうとう今夜はニューイヤーズイブ。
いつもならば早朝からの仕事に備えて、
早々に寝てしまう私達メイドも
今夜だけは特別。

暖炉の前に集まって、更けていく夜を楽しみながら
新年のカウントダウンをするのです。

そういえば去年はルゥお嬢様が
一緒にカウントダウンがしたい、とおっしゃって大変でしたね。
とても賑やかな年越しでした。


時計の針が深夜を告げる――

新しい年、おめでとう。
今年はどんな一年になるかしら?
願わくば、皆様にもたくさんの幸せが訪れますよう。

メイド・マオ | comments(0)
久しぶりのお客様



チリン...


ドアベルが鳴るのは、久しぶりのような気がしました。
まさか、ルゥお嬢様?と思いましたが、
いらしたのは ルゥお嬢様のご友人でもある
リリィお嬢様でした。

新しいドレスを頼まれたという話も聞いておりませんし、
ルゥお嬢様は今もパピヨンにいらっしゃるはず。
どうされたのでしょうか?不思議に思ったのですが...

お嬢様が現在パピヨンにお出かけしている
ということをお伝えすると、

「では この招待状を...」

と 一通の可愛らしくラッピングされた招待状を渡されました。


本当は、きっとご自分の手でお渡しになりたかったはずです。
招待状の他に、大きなスケッチブックを持ってらしたし
昨年のクリスマスパーティーでもお会いできなかったお二人ですから...。


ルゥお嬢様は、いつごろお戻りになられるのでしょうか?

だんだんと雪深くなって参りました。
出来れば、早いうちにお戻りになってくださいね。
 

メイド・マオ | comments(0)
おひさまのもとで

レオ様のあと追って
ルゥお嬢様がパピヨンにお出掛けになってから
早一ヶ月半が経とうとしています。

最初は静かな邸内の方が落ち着くと
おっしゃっていたサディ坊ちゃまも
最近はどうやら物足りないご様子。


いつも色々な問題をおこして周囲の皆を困らせる
ルゥお嬢様ですが・・

やはり、いらっしゃらないと寂しいものです。


ほら、今日もメイド長のアイリスさんが
ルゥお嬢様のお部屋の掃除をして
ベッドシーツを取り替えています。


お嬢様がいつお帰りになられてもいいようにと・・


やはりルドロウ・キャッスルのおひさまは
ここにいて輝いていて欲しいものです。


さあ、私はレオ様のお部屋のお掃除をしましょう。
自分の物に勝手に触られることを嫌がるレオ様・・
せめて埃だけでも払わせて下さいね。

メイド・マオ | comments(0)
模様替え日和


いつもよりかなり静かなお屋敷。
サディ坊ちゃまがパピヨンからお帰りになって
お疲れのようではあったけれど、
いつもと変わらないご様子に 皆、安心したよう。

アイリスさんが張り切ってメイド達に指示を出しています。
気付けばもう9月も半ば。
衣替えの用意もしなくてはなりませんものね。
お部屋のファブリックも、秋冬物を用意しましょう。

だんだんと外が涼しく、寒くなった分だけ
お部屋の中に、暖かい色を増やしていきましょう。

メイド・マオ | comments(0)
ホームシック?


すっかり涼しくなって、本格的な秋の到来を思わせます。
秋風が寂しさを募らせる今日この頃です。

ロミオ様のお仕事は順調でしょうか?
レオ様はミック様とどんなお話をしたのかしら?
ルゥお嬢様とサディ坊ちゃまは、どうしてらっしゃるかしら?
マシューさんのお母様は、少しでもお元気になられたかしら?

考え出したらキリがないけれど
ついつい気になって
みなさんのことを考えてしまいます。

これも秋という季節のせいなのかしら。

そうだわ。
私もたまには故郷の両親に手紙を出してみようかしら…?

特別に報告することなどはないけれど
私は元気でやっていますよ…って。
きっと、喜んでくれるわよね?

メイド・マオ | comments(0)
夏も終わりなんですね


レオ様のあとを追って、サディ坊ちゃまとルゥお嬢様もお出掛けに…
お屋敷の中はとても静かです。

休暇中ということでお帰りになられたロミオ様も
そろそろお戻りになると伺いました。

そして、今月いっぱいでお屋敷を去るマシューさん。

なんだか一度に寂しくなってしまいますね。



日中はまだ暑いけれど
ここ数日で風の温度がずいぶん下がった気がします。
虫の声も聴こえるようになって、
もうすっかり秋がそこまで来ています。

去りゆく夏に別れを告げて。
秋を迎える準備をしましょう。

しんみりするのもこれくらいにして…
お掃除の続きをしなくちゃ!

メイド・マオ | comments(0)
1/3 >>



CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
NEW ENTRY

PROFILE

CATEGORY

ARCHIVES

LINK

OTHER
qrcode
  • Admin
  • RSS1.0
  • Atom0.3






  • (C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.Photo by Satie Design by Tea