Ludlow Castle - ルドロウ・キャッスル -でおこる素敵な出来事
おはようございます。
エマです。


もう春ですね…

春は、お別れと、そして始まりの季節です。
今までは穏やかにそして賑やかだったこのルドロウキャッスルも例外ではなかった様です。


お館を去って行かれた方がいらっしゃるのはとても寂しいですが…



ほら、今日もサディ坊っちゃまの部屋に、マーカス様が膨大な参考書を抱えて入って行かれました。

こうして新しい春の風が吹きだしています。


マーカス様は、
次期当主になられたサディ様の教育係をされるのだそうです。

通常の執事のお仕事もされているのに、、すごいです…!
いつ、あの本を選んでいらっしゃるのでしょうか。

さすがはアルマン様の親戚です…!





はっ。


感心している場合ではありませんでした!

お届け物の途中でした…。


今一番、変化の中にいらっしゃるお二人を応援しつつ…
私にも出来る事からお手伝いさせて頂きましょう。





…あら?

今、すれ違って行かれたのはサディ様?
どうなされたのでしょうか。

メイド・エマ | comments(0)
旅立ちのお仕度


旦那様の指示で
ルゥお嬢様のお仕度を任されました。


私が任されたのは...

アイリスさんでは

お嬢様もアイリスさんも
お互いが落ち着かないという配慮なのかもしれません。


お嬢様のお洋服や、日用品などを
トランクに詰め込んでゆき...

あらっ、これが足りないわ
これは... ...どうかしら?

などと悩みながら、準備をしてゆきます。



お嬢様はというと...



窓辺に椅子を置き、
不貞腐れた顔でお庭を眺めています。


ルゥお嬢様...。


手に取ったお嬢様のパジャマを見ながら
ぼんやり思うことは...


本当だったら、こんな急にお話をすすめず
もっと前からご準備をして
寮でお召しになるお洋服を新調したり
色々可愛いものを集めたり...

たくさん

たくさん

準備をして、心構えをして...

... ...

そうですよね、エマもそう思います...。
女の子ですもの...!


せめて、あちらへ行っても
お嬢様がさびしさを感じることのないように

ルドロウでの想いいれがあるような

そんな何か詰めましょう!


...我ながらいいアイディアです...!


さあ、何を詰めましょうか?

可愛いらしいリボン?
お嬢様が好きなキャンディー?

それとも... ...


まだ時間はあります!

メイド達皆で相談してみましょう♪


「お嬢様、すこし足りないものが
 ありましたのでご用意してきますね」


そう言って部屋を出た私は
さっそくメイドの皆の所へ向かいます。

ふふっ...
ちょっぴり楽しみ。


あちらへお着きになったお嬢様が、
びっくりして喜んでいただけるようなものって...

なにがいいかしら?




メイド・エマ | comments(0)
お嬢様のお帰り


レオ様のお母様、
デボラ様の御用体が思わしくなく

ご連絡を受けたレオ様、ルゥお嬢様が
お屋敷にお戻りになりました。


いつもとは違う 少し落ち着きがないレオ様のご様子...

お母様の事が心配でならないお気持ちが

ひしひしと伝わってきました...。


そして、久しぶりにお会いするルゥお嬢様。

パピヨンで何があったのでしょう?
いつもと変わらないルゥお嬢様なのに、
少し大人びた様子...


...幸せいっぱいのお二人の雰囲気が

ルゥ様のおてんばぶりを変えたでしょうか...?



でも... ...

ミシェル様とのご婚約はどうなるのでしょうか...。



夢のようなご婚約のお話から、

パピヨンへ向かわれて、

そして 今回の突然の出来事...



レオ様と、ミシェル様

お二人のお気持ちを考えると
胸が締め付けられるようです...。



「お久しぶりね、エマ!」



ピンク色の可愛らしいワンピースの裾を翻して
こちらへ駆けてきたのは、ルゥお嬢様。


お嬢様、お久しぶりでございます!

ルドロウ・キャッスルはお嬢様がいらっしゃらなくて
クリスマスの間も、年越しの間も、
本当にさみしかったんですよ。


...ああ!

クリスマスといえば、ツリーの葉を
使ったポプリを作っておいたんです。

きっと良い香りがしますから、
枕の下に入れてお休みになってくださいね。



「わぁ、ありがとうエマ。

ねぇ、それより...おなかがすいたわっ!

夕飯の前に 何かおやつはないかしら?」



あらあら...。

...やっぱり、お嬢様はお嬢様ですね。


でも、そんなお嬢様が 私は大好きですよ!

 

メイド・エマ | comments(0)
緊張感...


何か緊急事態が起きたのでしょうか?

まだ私たち使用人にはなにもお話は来ていませんが...


お屋敷が慌ただしい感じがいたします。

そう、こう何か、
重い緊張感に包まれているようで... ...



私まで不安になってきます。

どうしたのでしょう...

とても気になります。


マーカスさんかアイリスさんに聞いて

この不安を払拭したいのですが、

やはり お話があるのを待つべきなのかと...



...ルドロウ・キャッスルに何が起こっているのでしょうか...?!

メイド・エマ | comments(0)
第一印象は...


チリン... ...

ドアベルが鳴ったのでお出迎えにまいりました。


そこに立っていたのは

すらりと背の高く
上品なコートを羽織った男性...

どなたでしょう?


「あの... ...」


私が一言めを発する前に 目の前の男性は

にっこり笑ってお名前を名乗りました。


「お初にお目にかかります。

 本日付でこちらのお屋敷に仕えることになりました
 執事のマーカス・ワイアット・スペンサーと申します」


まあ、
この方が新しい執事さんなんですね。


「ごきげんよう、ようこそルドロウ・キャッスルへ」


お荷物はトランクケース一つのみ
―とても身軽なご準備のごようす。

他のものはまた送られてくるのでしょうか?



お荷物をお預かりしていると

アイリスさんがこちらに来るのが見えました。

あとは、アイリスさんにお任せしましょう。


「エマ、お荷物を ご用意したお部屋に...」

「はい、かしこまりました」


マーカスさんは私に軽くお辞儀をすると
アイリスさんの後を付いていきます。



... ふぅ ...

すこし緊張しました...。


お顔は整っていらしゃって、
メイド達が騒ぎそうな容姿です。

すらりと高い背も...


アイリスさんの後を付いていく
マーカスさんのうしろ姿をしばらく眺めていました。


身なりはきちっとしていて

ルドロウ・キャッスルにふさわしい執事さん!



ただ...

素敵な方ですけれど...

鋭い瞳がちょっと怖そうでした。


これは、マーカスさんに怒られないようにしないと!


気持ちを入れ替えて、お仕事に励みましょう♪



メイド・エマ | comments(0)
聖夜の残り香


いよいよ年末までお屋敷に戻る気配のない

レオ様

ルゥお嬢様...


お二人の目にかかることのなかった
クリスマス・ツリー


家政婦のチャリティさんが

「なんだかさみしいわね」

とおっしゃられたので、

庭におちてしまっていたバラ等のお花といっしょに
ポプリにしておきました...!


これでしばらくはもつはずですよ。

ポプリの香りが失くなってしまう前に、
お二人がお戻りになりますように...。



... ...あら?

ポストに届いていた郵便物を仕分けていると、

ちょうどおふたりの名前宛の素敵な便箋が。


差出人は...「リリィ・オーガスタ・テイラー」様...

... ...リリィお嬢様!!


ルゥお嬢様、きっとお喜びになるはずです。

アイリスさんにお願いして、
パピヨンへの転送の手筈をとらなければいけません!


一刻もはやく、お嬢様にお届けしたいんです...!

メイド・エマ | comments(0)
訪問



エグレッタ・サクラでの

カミーユさんと、ヘイリーさんの結婚式。

先日 無事に終わったそうです。


なにか、
とっても信じられないサプライズがあったとか...


詳しくはわからないのですが、

メイドの間でも少し噂話がされています。


ただ、ヘイリーさんのドレスはとても素敵だったと聞きました...!


お二人とも、どうかお幸せに!




... ...あら?


久しぶりにドアベルが鳴っています。


ルゥお嬢様はまだパピヨンにいらっしゃるはずだし

お客様... ?


どなたでしょうか...?

メイド・エマ | comments(0)
プレゼント


お寝坊さんのサディ坊ちゃまを起こすのは
何だか久しぶりな気がします。

今日も随分いい天気!!
秋らしい涼しい風が窓から吹き込んで来ます。


エグレッタ・サクラのマルグリート様から届いた
シックなデザインの招待状。

サディ坊ちゃまは、何だか面倒臭いご様子でしたが
結婚式なんて素敵じゃないですか!


贈り物ですか?

そうですね・・・

心がこもっているものなら
何でもお喜びになると思いますよ。

たとえ、バラの花一輪でも・・・


こういうことは、チャリティさんに訊ねてみては
いかがですか?


きっと素敵なアイデアを教えてくれますよ、坊ちゃま。

メイド・エマ | comments(0)
スウィーツパーティ


先日、ロミオ様がお仕事に戻られ、

マシューさんが、ご実家にお帰りになりました。


ロミオ様が、私達メイドの為にと、素敵なスィーツパーティをしてくれたんですよ…!

もう、嬉しくて…


感激で。



可愛らしい、キラキラしたスィーツ達。

キラキラ…
少しにじんで見えて… …



食べてしまうのがもったいないくらいでした!





お二人がルドロウキャッスルから旅立たれてしまうのは
とても寂しいですが…

私は、お二人が歩く道の幸せを願っています。




離れていても、ずっと。

メイド・エマ | comments(0)
ようこそいらっしゃいました


こんにちは!エマです。

お天気がいい日は、シーツの白さもひと味違って見えると思いませんか?


今は、レオ様もルゥ様もサディ様もお留守で少し寂しいけれど、

今日も元気にがんばっています!


ここで過ごされる時間が残り少ない、ロミオ様とマシューさんが、
少しでも素敵な時間が過ごせますように、
私も精一杯できる事をさせて頂かなくては…!





… …あっ!シーツが!



ひらひらと飛んでしまったシーツを1枚追いかけて行くと、
そこには一人の青年が立っていました。


あら?あなたもしかして…



きっとそうだわ。

だって、写真のあの方にそっくりなんですもの!

メイド・エマ | comments(0)
1/2 >>



CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
NEW ENTRY

PROFILE

CATEGORY

ARCHIVES

LINK

OTHER
qrcode
  • Admin
  • RSS1.0
  • Atom0.3






  • (C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.Photo by Satie Design by Tea