Ludlow Castle - ルドロウ・キャッスル -でおこる素敵な出来事
慣れないことをすると…。


わたし〜は世界でいちばんっ☆
「大雑把」と 言われ〜たメイド
アイロン 焦げ焦げ お手の物
お次は誰のシャツかしら〜♪


私だって、やればできるってとこ見せなきゃね!
今日は朝から頑張ってるのよ?

お部屋の掃除だって、
いつも四角い部屋を丸く掃くところを、
隅っこまでしっかりやったし。

食器の片付けだって、飾り棚に1mmの狂いも無く、完璧。

そして、ほらっ!!
苦手なアイロンがけも、この通り!!!
今日は焦げてな〜い!!

もうタリアさんのお説教からは解放かしら。
むしろ今日は褒めてほしいな〜なんてね☆


えっ!!雨?
今日は絶好のお洗濯日和だって朝シェーラが言ってたのに。
シェーラのウソツキーーー!!

早く取り込まなくちゃ、また怒られちゃうよぉ…。
急げー!!!!

メイド・アリスン | -
適当に♪


こんにちは、アリスンです。

また怒られちゃいました。
「適当にやってはダメです!と何度言ったら分かるの!」
だって。

きっちり、かっちりしすぎてみんな疲れないのかしら?
何事も程よい加減が大事なのにね。



あっ!!いっけな〜い!!
紅茶の砂時計ひっくり返すの忘れてたよ〜。。。
お湯入れたのいつだったっけかなぁ〜?
う〜ん、色も出てるし、香りもするし、まぁ、いけるかなっ☆
程よい加減な感じがする。たぶん。



「イザベルお嬢様、お待たせしました!」


「ありがとう、アリスン。」

カップに口をつけたイザベルお嬢様の眉間にちょっとだけシワが寄った。

「……。 

アリスン!何だかこれ、渋くないかしら?」


一口だけ飲ませてもらう。
たしかに、渋いといわれれば、ちょっと渋い気がする。
でも、濃いといえば、濃いめの紅茶な気もする。


「せっかくの紅茶が台無しじゃない…。
 仕方がないから、今日は我慢してあげるわ。
 もう…」


「すみません。」



またやってしまった。

チャールズ様だったら、
「アリスンの淹れる紅茶はいつも独創的な味わいだね。」
なんて言っていつも笑顔で飲んでくださるのにな〜。

でも、さすがに今日のイザベルお嬢様にはまずかったか。
ハンセイ、反省っと。



最近お忙しいせいか、イザベルお嬢様のご機嫌斜めな日が多いです。
何かあったのでしょうか?
パーティの日までには元気になってくださいね♪
私もお仕事精一杯やりますから!


よ〜し、がんばるぞ〜☆

メイド・アリスン | -
笑顔の裏のトラブルメーカー
 

「はい、すみません…。
 次回から気をつけます。
 …はい。」




もぉ〜、ちょっとくらいシャツにシワが残ってたっていいじゃんかっ!!
裾の方だし、ど〜せズボンに入れたら見えないのに。
アイロンがけってけっこう難しいんだ。
焦がしたら焦がしたで怒るでしょ?
だからスッとサ〜ッと終わらせたのにな。


タリアさんってば、
「アリスン…
 この前も同じような注意をしましたよ。
 アリスンは仕事ができないわけではないのだから、
 もう少し、あとほんのちょっとでいいの、丁寧にできないかしら?」


だって。

この優しいお説教、もう何百回も聞いてるよ。
怒鳴ってくれた方がまだ楽なんだけどな〜。


それにしても、次に与えられたこの仕事。
洗い終わったシーツの山…、まるで氷山。
一人で全部たたむなんて無理だよ〜。
誰か手伝ってくれないかな?


おっ!!
あんなところでデボラが休憩してる♪
フフフ…。


「お〜い、デボラっ!!!
 何してんの〜?
 暇ならちょっとこっち来なよ〜♪
 ねっ、ほら、早く!!」

メイド・アリスン | -
1/1



CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
NEW ENTRY

PROFILE

CATEGORY

ARCHIVES

LINK

OTHER
qrcode
  • Admin
  • RSS1.0
  • Atom0.3






  • (C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.Photo by Satie Design by Tea