Ludlow Castle - ルドロウ・キャッスル -でおこる素敵な出来事
記憶の扉




あら...?

 

珍しくお部屋のドアが半分ほど空いています。


気になったのは、そのお部屋の持ち主が...

今はいらっしゃらない レオ様だということ。

 

ドアを閉め、マーカスさんに見つからないうちに
サディ坊ちゃまのところへもどるべきところですが...


部屋の中から 風に乗ってふわりと香る
覚えのある香水のにおいに
足が自然と部屋の中へむいてしまいました。

 

この香水は... あの方の...

 

部屋の中の荷物のほとんどは運び出されてしまっていて、
しばらくの間 人がいなかった さびしい気配がします。


まだかすかに残る 香水のかおりを辿っていくと、
机の上に置かれた古い日記に目がとまりました。

 

どなたの日記かしら... ...?

 

シンプルで、少しかわいい表紙は
どうやらレオ様のものではない様子。


あら...


隙間から、なにか写真のようなものが...



自然と伸びた右手を、「いけない」と一度は止めたものの
表紙の隅に書かれた<Deborah.G>のサインが好奇心を駆り立てます。



デボラ... レオ様のお母様のお名前。

たしか、昔このルドロウ・キャッスルでメイドとして働かれていたと...

 

思わず手に取った日記には、2枚の写真。

 

一枚は...


ドレス姿の 若く美しい女性が2人、
パーティースタイルの男性3人に囲まれてソファで微笑んでいる写真。


二枚目は...


使用人にしては華やかな制服をまとった男女が
厳格そうな男性を中心に、微笑んでいる写真。

 


この写真の方々には、数名 見覚えがあります。

だいぶ若いお姿だけれど...

 

オ・クレール・デュ・ラ・リュヌのヴェルニエ伯爵と、
伯爵夫人のイザベル様。

スウィート・マルベリー・ファームのラングフォード伯爵と、
伯爵夫人のマーガレット様。

ラ・レーヴ・デ・パピヨンの執事、アルマン様。

そしてこの男性は...
ルドロウの先代当主 アーネスト・エドワード・ハウエル様。


 

この頃のルドロウでの日々は、どんなものだったのでしょうか...?

「サディ坊ちゃん、ごめんなさい。 少しだけ...」




古い日記のページをめくると、

デボラ様が16歳の頃の思い出が色鮮やかに蘇ってきました。



――日付は今から25年前、7月24日 とある夏の日――



 *
 
 


メイド・タバサ | comments(0)
Comment












CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
NEW ENTRY

PROFILE

CATEGORY

ARCHIVES

LINK

OTHER
qrcode
  • Admin
  • RSS1.0
  • Atom0.3






  • (C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.Photo by Satie Design by Tea