Ludlow Castle - ルドロウ・キャッスル -でおこる素敵な出来事
make a wish


『ルゥ・・・ちょっといいかな?

私と父上は、これから大事な話があるんだ。』





唇を尖らせる妹をアイリスが連れて行くのを見送り、ドアの前に立つと、
部屋の中からは穏やかな笑い声が聞こえてくる。




柄にもなく緊張していると言ったら、あの人は笑うだろうか・・・・



ああ・・・きっとあの澄んだブルーの瞳を細めて、優しくこう言うだろう。


「大丈夫よ。」と。





叶うことのない願いだと思っていたよ。


君はラ・レーヴ・デ・パピヨンの令嬢だから、
どこか名の知れた名家の紳士が、いつか迎えに来るだろうと思っていた。



自分の血筋を恥じることなどなかったけれど、
君を失う理由になると気づいてからは・・・とても怖かったんだ。






一つだけ、昔から不思議だったことがある。




父上は、母上との結婚を決意したときに、どんな気持ちだったのだろう?




屋敷の主と使用人との結婚には、反対の声も多かったはず。

愛する人との喜びを祝福されない悲劇を払拭したものは、何であったのか。




いつか聞いてみようと思っていたけれど・・・もういいんだ。





今なら分かる。






『失礼します、父上。レオナルドです。』








・・・・ただ、君の傍にいたいから。



次男・レオ | comments(0)
Comment












CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
NEW ENTRY

PROFILE

CATEGORY

ARCHIVES

LINK

OTHER
qrcode
  • Admin
  • RSS1.0
  • Atom0.3






  • (C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.Photo by Satie Design by Tea