Ludlow Castle - ルドロウ・キャッスル -でおこる素敵な出来事
The walls have ears


ん?
何やってんの、ルゥ・・
そんなところにへばりついて


今いいところなんだから、静かにしろって・・



あのさぁ・・人の話に聞き耳立てるなんて
無粋じゃない?


ルゥに聞かれたくない話だから
部屋から追い出したわけでしょ?


だったら・・



はいはい、余計なことでした
僕が何を言っても無駄だもんね


ルゥの好きにするといいよ



ああ・・・そういえば、アルマンが来てるんだってね

懐かしいなぁ・・
去年のルゥの誕生日パーティー以来かな



何しに来たか知ってるかって?

いや、全然


興味もないしね



つまんない男で結構
僕はそれで満足してるから



さて、僕は部屋でゆっくりティータイム・・



あぁ・・

あのさ、ルゥの好奇心をくすぐるだろうニュースが
あるんだけど


さっき、ヴェルニエ伯爵から
父さまとアルマン宛に手紙が届いてたよ


何で知ってるのかって?
間違って僕宛てのメールの中に紛れてたからさ
つい開けちゃって・・


どうしたって・・・そりゃあ、メイドのエマに渡したよ


なんでって・・・当たり前だろ?まさか、隠匿するわけには・・


内容?・・いや、さわりの部分しか見なかったから・・


役立たずって・・!!
ちょ、ルゥ・・・!!!



行っちゃった・・・



本当、忙しないなぁ

三男・サディ | comments(0)
afternoon tea


ねぇ、マオー
紅茶、かえた?

やっぱりな・・
以前のと比べて、香りが数段にイイね


・・え?
廊下が騒がしいようだって?
あ〜、ほっとけばいいよ

どうせ、またルゥだって
いつものことだよ


やぁ、ルゥ!
今、二人でルゥの話をしていたばか・・・

って、その格好、どうしたの!?


何がって!!
全身、ほこりまみれで真っ黒!!
頭には蜘蛛の巣がついてるしさ・・

いったい、何をしてたのさ・・


秘密って・・
あ・・・その顔・・
また、悪いこと考えてるでしょう?


とりあえず、僕は巻き込まないでよね


ああ、つまんない生活で結構
平穏無事が一番なんだ


スネたって、脅したって、甘えたって
ダメだよ


ルゥの手は見飽きてるんだ


うん
レオ兄さんのとこに行くといいよ
兄さんなら、ルゥのくだらない話も
真剣にきいてくれるしね


じゃあ、僕はティータイム中だから♪



・・・って!!!
ちょっ!!ルゥ!!!
ほこり、舞ってる!!!

ほら、サンドウィッチに蜘蛛の巣がついたっ!!!


ああああ!!!
そのケーキはダメだってば〜!!!

ルゥ〜〜〜〜っっ!!!!!


三男・サディ | comments(0)
The winter's tale


窓から差し込む日差しが暖かい
こんなにいい天気は久しぶり

とはいえ、もう11月だからねぇ・・
寒いことには変わりはないか

去年の今頃は雪が舞っていたっけ

そろそろ雪が降る頃かな



今日は午後から約束があるんだ

え?
約束の相手は女の子かって?


ああ・・うん、まあ・・
女の子だね・・フフ・・



とは言ってもリリィなんだけど・・
頼んでおいたクリスマス衣装ができたから届けてくれるんだ

今年はどんなデザインなんだろう?
楽しみだなぁ・・


そういえばさ、リリィがお店をオープンするらしい
採寸の時にチラッとそんな話が出たんだよね


ずっと自分の店を持ちたいって言ってたから
ようやく夢が叶ったってところかな


リリィにとっては素敵なクリスマス・プレゼントだよね



そういえば、来月、オープニング・レセプションがあるって
聞いたけれど・・・


うちの姫君は、親友のために
どんなサプライズを計画していることやら・・


願わくば、僕まで巻き込まれませんように・・

三男・サディ | comments(0)
Cheshire

・・・んん・・ふぁぁあ・・
相変わらず、朝から元気だねぇ・・


で、今度は何?
またどうせ、ドレスの色で悩んでるとか
そんなんでしょ

秋だから、茶色、山吹色・・
それにワインレッドもいいね


・・・って・・え?違う?


あぁ・・ハロウィンか・・
また、今年もミックんとこ?
ふぅん・・

で、今回のお題は?
また、突拍子もないこと言い出したんじゃ・・

アリス?
ルイス・キャロルの?

へぇ・・「不思議の国のアリス」かぁ・・
今年は随分、まともだね

去年のアレはひどかったもんな・・


ルゥは何の役をふられたの?

・・え?
・・・っ・・・アハハハハハ!!!
イメージ、ピッタリ!!

あのどぎつい感じの紫とピンクでいくんだ?
リリィ、よくOKしてくれたなぁ・・


え?ボク?
うん、今回もパス
その日は先約が入ってるんだ
悪いね、ルゥ


あぁ・・でもさ・・
レオ兄さんは行くんじゃないかな

ほら、パピヨンだしね


ルゥってさ、いつもはわりと鋭いのに
時々、ものすごーく鈍いよね


まあ、いいや
ともかく、レオ兄さんのとこ行ってごらんよ
必ず行くはずだから

三男・サディ | comments(0)
春色


ん・・・あぁ・・
おはよ・・・今、何時?


え・・?
好みの色?

何、いきなり・・

あのさ、ルゥ・・
ボク、寝起きなんだけど・・


本当、唐突だよね
人の都合を考えないっていうか・・


どうせ、今度仕立てるドレスの色で
悩んでるんでしょ


ん・・そうだなぁ・・

今の時期なら、やっぱり
菜の花をイメージしたクリーム色とか?
若草色なんてのもいいよね


え?ちょっと・・
何で不機嫌になるのさ!
きかれたから答えただけなのに・・


もう黒地のストライプで頼んじゃったって?


だったらきかないでよ・・やれやれ


似合うかしらって言われてもなぁ・・
黒はルゥのイメージじゃないしな

黒地だったら、マリアンヌの方が
似合うんじゃないかな?


・・・痛っ・・!!

なんで殴るんだよぉ〜!?


まあ、お願いしたなら、それでいいんじゃない?
どうせ、あれでしょう
今週末のお出かけ用でしょ?

あぁ、そうそう
ボク、行かないから


何でって・・
だって、あの屋敷、なんだか怖いしさ
ルゥと行くと必ずトラブルに巻き込まれるしね
だから、今回は遠慮しておく
一人で楽しんできてよ



ああっと!!
それから、もうひとつ!
レオ兄さんの好みの色は淡いピンクと白じゃないかな


この間のパーティーの後さ、そこの庭で・・
まあ、いいや
余計なこと言うと、後が怖いから
知りたかったら、直接、本人にきいてみて


さて、ボクはもう一眠りするから・・
じゃあね、おやすみ

三男・サディ | comments(0)
平穏な日々


カーテンの隙間から差し込む
眩しい程の光で目を覚ました

ふと時計を見ると
11時をかるくまわったところ


目を覚ましてから起きあがるまで
ベッドの中で過ごす
この時間がいいよね


ミックがいた頃は
こんな風にゆっくりすることも
できなかったし

だって、ミックってば
毎日、色々なことを仕掛けてくるんだ

よく、あれだけイタズラを
思いつくもんだよ


あぁ・・・

それにしても、平和だなぁ・・・


やっぱり、ボクにはこんな生活がピッタリ!


そういえば、ルゥがまたよからぬことを
企んでるみたいだけど・・・



ま、いっか


さて、もうちょっと寝ようかな

チャリティがしびれを切らして
起こしに来るまで
もう少しだけ・・・



三男・サディ | comments(0)
洋酒コレクション
ヘネシー001

なんだか、今日も厨房から、いい匂いが漂ってくる


そーっと覗いてみると
家政婦のチャリティーと新人メイドの・・・
あぁ、また名前忘れちゃったよ・・・


どうやら、今日はクリスマス用のプディングを作ってるみたい


へぇ・・・毎年クリスマスに出てくるアレは
チャリティ達が作ってたんだ・・・

てっきり、パティシエが作っているものだとばかり


それにしても、いい匂い・・・
これは、オレンジピールかな?


え・・・っ!?


やわらかな午後の日差しを受けて
プリズムみたいに輝くあのボトル・・・


あれって、ロミオ兄さんの洋酒コレクションの中でも
かなり高級な・・・


リシャール・ヘネシー


100種類に及ぶ原酒をブレンドしてある最高のブランデーなんだ
このデキャンターボトルは、バカラ社でつくられてるしね
ほら、ここを見てごらん
一本一本にシリアルナンバーが刻み込まれているだろう?


なーんて、兄さんが自慢してたっけ


それが、なぜ、あんなところに?


まさか、我が家のクリスマス・プディングは
リシャール・ヘネシーで作られているのか!?


ロミオ兄さんも太っ腹だなぁ・・・


ま、いっか
とりあえず、プディングじゃあ
味見ってわけにもいかないしね


あれ?
ルゥだ・・・

こんな寒い日に外で何してんだろ?

三男・サディ | comments(0)
仕立て屋リリィ
仕立て001
なんだか、いきなり寒くなったよね
いよいよ本格的な冬がやってくるのかな


今朝はいつもより早く起きて・・・
とは言っても時計の針は9をさしていたけどね

窓の外を見たら、ひらひらと雪が舞っていた

このぶんだと、今年はホワイトクリスマスに
なりそうな予感
ちょっと楽しみだなぁ

ああ、そうそう!
今日、早く起きたのには訳があるんだ

実は、仕立て屋のリリィが
ボクのクリスマスの衣装を届けてくれる予定なんだ

午前中には来るって言ってたけど
まだかな・・?

あれ?
リリィのこと、話さなかったっけ?


リリィはルゥの幼馴染
仕立て屋とは言っても
街で開業している仕立て屋とは
ちょっと違う

彼女のうちは、ロイヤルファミリーを
顧客に持つ高級衣装店
いわゆる、オートクチュールってやつ

何人もデザイナーやスタッフを抱える
業界最大手だから、リリィはれっきとした社長令嬢なんだよね

本来なら、仕事なんてしなくていいんだけど
彼女自身、デザインとか洋服作りが大好きらしくてさ


最初はルゥの衣装デザインだけだったんだけど
それがかなりの好評でね
今じゃ、ミシュリーヌ叔母様のところや
ミックのところでもお願いしているみたい


あ・・・!
リリィがついたみたいだ


ごめん、リリィの話はまた今度!




三男・サディ | comments(0)
厨房で逢いましょう その3
レミーマルタン001

あ・・・っ!!



と、思った時には遅かった



テーブルの上から転げ落ちそうになった卵を
右手でうまい具合にキャッチして

やったぁ!

と思ったのもつかの間


左肘が見事にルイ13世のボトルにヒット!


スローモーションで落下するボトル


次の瞬間、ガラスが砕けちる音が
厨房内に響き渡った



最悪・・・




カタンという物音に振り向くと
ナイトウェア姿のチャリティが
驚いたような困ったような
複雑な表情で戸口に立っていた


叱られる!!



思わずギュッと目を閉じた


でも、チャリティはそんなボクの横をすり抜けて
奥から箒と塵取を持ってきた


―お怪我はございませんか?


優しく微笑みながら
手際よく割れたボトルを片付けてくれる


―エッグノッグ・・・ミック様のためですか?


レオ兄さんが書いたメモを
チラリと見ながらチャリティは言う


ボクは黙ってうなずくことしかできなかった


きっと、呆れてる・・・



しょんぼりうなだれているボクの顔を覗きこんで


―お手伝いしますわ


チャリティが優しく微笑む





―サディ坊ちゃまがご自分で作られたと知ったら
ミック様もさぞや驚かれることでしょうね


最後に調理場にあったブランデーと
バニラエッセンス(と、いう小瓶に入った液体)を
鍋の中に入れながらチャリティが言う

ゆっくりと鍋をかき混ぜるボク


やわらかい湯気とバニラとブランデーのいい香りが
あたりを包み込む


飲んだわけじゃないのに
なんだか、すごく暖かい気分になった


―きっと、これを飲めば、すぐに、よくなられますよ


チャリティの言葉は魔法みたい


だって、チャリティが言うと本当に
よくなりそうだもん


カップに出来立てのエッグノッグを
ゆっくりと注ぐ


出来たぁ・・・




―こんな夜中に二人して何してんの?


振り向くと暖かそうなガウンに
ナイトキャップ姿のルゥ


―あら、おいしそ♪


あ・・・・


とめる間もなく
出来立てのエッグノッグを飲み干すルゥ


―ごちそうさま♪おいしかったわ!


あの・・それ・・


―え?これ、ミックのためだったの?


うん・・・

―わかったわ!私がミックんところに届けておいてあげる♪


残りのエッグノッグをカップに注ぐと
さっさと厨房を出ていってしまうルゥ


ボクとチャリティは
何が起きたのか理解できずに
しばらく、その場に立ち尽くしていたのは
言うまでもないよね?

三男・サディ | comments(0)
厨房で逢いましょう その2
ミルクパン001

よし!早速、誰かつかまえて
エッグノッグを作らせよっと!



・・・と、したんだけど、皆、忙しそうなんだよね

ほら、クリスマスも近いし


仕方がないから、皆が寝静まった頃
そっと、一人で厨房に忍び込んだんだ


真夜中の厨房はまるでワンダーランド!!


七面鳥が一羽まるごと入るような銅鍋
片手で持てるのか疑わしいくらい大きなフライパン
銀色の光を放つ様々な形状の包丁

ハサミにスライサーにオイルポット
ボールにレードル・・・えっと、これは?
何に使うのか、さっぱりわからない物まで

全部ピカピカに磨かれていて
色んな角度のボクを映している

なんだか、お城の武器庫にでもいるようで
ちょっぴり勇者気分


でも、気をつけないと!

キレイに整頓され、吊るされた厨房器具は
ちょっと、袖が触れただけで、ものすごい音がするんだ!


日中、働きづめで疲れている使用人達を
起こすわけにはいかないからね


さて、卵は・・っと


パントリーの中をゴソゴソやってたら
木箱の中から新鮮な卵がゴロリ


砂糖と牛乳は何とか見つかったけど

バニラエッセンス!?

これって何?


ま、いっか



お酒は・・・ロミオ兄さんのとこからくすねてきた
レミーマルタンのルイ13世


あと、なんだっけ?

ああ、クリームだ!


牛乳だけじゃ、ダメなのかなぁ?



とりあえず、つくってみよう!


まずは、卵の黄身を卵の白身から分離させて・・・


へ!?

黄身を白身から分離!?


どうやって!?


だって、普通にわったら、
黄身も白身も一緒に出てくるし


これ、黄身だけをすくえってこと?


それとも、遠心分離機にでもかけるのかな?


レオ兄さんのメモ・・・解りづらいよ・・・


ハァ・・・



三男・サディ | comments(0)
<< 2/3 >>



CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
NEW ENTRY

PROFILE

CATEGORY

ARCHIVES

LINK

OTHER
qrcode
  • Admin
  • RSS1.0
  • Atom0.3






  • (C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.Photo by Satie Design by Tea